けたたましい音が鳴り響く。小斎直也のニューヨークのサイレン!

どうも、小斎直也です。
救急車といえばピーポーピーポーと音を鳴らしながら通り過ぎていくというのが常識ですが、世界によってその音はまちまちです。
中にはとんでもない音で走り去っていくものもあります。
特にこういったサイレンは世界で統一されているわけではありませんので、国によって違います。
もし海外で住む予定のある方などは、どのサイレンがどういう意味を持つのか、あらかじめ知っておくことはかなり重要でしょう。
何かあったときにすぐ対応できるようにしておかなければなりません。

そんな中でニューヨークの救急車のサイレンはどういうものなのか、気になった人も多いでしょう。
ニューヨークのサイレンも日本ものとは大きく違っています。見た目もかなりピカピカしており、サイレンもひょっとして手動で鳴らしているのかという感じです。
それでは実際にご覧ください。



特にニューヨークは道が混んでおり、さらにいえばあらゆる国から人がやってきますので、
これくらいしないと気がついてもらえないのやもしれませんね。

この記事へのコメント

人気記事

最近の記事

カテゴリ

過去ログ